2018-

絵画

紙にインク

印刷されたグリッド/ストライプを上から下へ、左から順になぞっていくことで制作される。フリーハンドでの描線は正確なグリッドからしばしばズレる。そして次の線は一つ前の描線のズレを増やしたり減らしたりしながら描かれる。この繰り返しによって画面内に疎密の波が生じ、三次元的な奥行きを提示する。制作者の身体に近視眼的な状況を強制することで生まれる「リズム」を、画面の中に定着させる試み。